2018.7.14 22:49

ロッテ・石川、巧みに併殺奪う「地方球場での試合のようだった」/球宴

ロッテ・石川、巧みに併殺奪う「地方球場での試合のようだった」/球宴

5回裏から登板したロッテ・石川=リブワーク藤崎台球場(撮影・大橋純人)

5回裏から登板したロッテ・石川=リブワーク藤崎台球場(撮影・大橋純人)【拡大】

 マイナビオールスターゲーム第2戦(14日、全セ1-5全パ、全パ2勝、熊本)2年ぶりに選出されたロッテの石川は、2-0の五回に3番手で登板し1回無失点ときっちり役割を果たした。「(シーズン中の)地方球場での試合のようだった」と平常心で臨めたことを強調した。

 先頭の宮崎(DeNA)に右前打を許したが、続く菊池(広島)には低めの速球で遊ゴロを打たせて併殺に。小林(巨人)も低めの球で二飛に仕留め、巧みな投球でこの回をわずか6球で終えた。前半戦は9勝3敗、防御率2・38と抜群の安定感を発揮した。球宴の余韻に浸ることなく「すぐにシーズンがあるので」と気持ちを切り替えた。

試合結果へ出場選手・監督へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ロッテ
  5. ロッテ・石川、巧みに併殺奪う「地方球場での試合のようだった」/球宴