2018.7.14 10:00(1/3ページ)

村山産、友情バッテリーで悲願の夏1勝!/東北スポーツ

村山産、友情バッテリーで悲願の夏1勝!/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
先発した青木(左)と好救援の芳賀。投手と捕手を兼任するバッテリーがチームを夏初勝利に導いた(撮影・井上幸治)

先発した青木(左)と好救援の芳賀。投手と捕手を兼任するバッテリーがチームを夏初勝利に導いた(撮影・井上幸治)【拡大】

 第100回全国高校野球選手権大会山形大会(13日、村山産業12-2荒砥、鶴岡ドリームスタジアム)1回戦が行われ、村山産業が荒砥を12-2(五回コールド)で下し、創部5年目で夏の山形大会初勝利を挙げた。一回途中から登板した芳賀来夢(らいむ)捕手(3年)が4回2/3を1安打無失点と好投。先発した左腕で、急きょ捕手を務めた青木星成(せな)投手(3年)との大石田中出身バッテリーが“歴史的1勝”の立役者となった。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 村山産、友情バッテリーで悲願の夏1勝!/東北スポーツ