2018.7.14 05:02(1/2ページ)

法政二、初戦で散る…昭和最後の神奈川代表、平成最後は聖地届かず/北神奈川

法政二、初戦で散る…昭和最後の神奈川代表、平成最後は聖地届かず/北神奈川

法政二は無念の敗戦。選手たちの目に涙があふれた (撮影・山下幸志朗)

法政二は無念の敗戦。選手たちの目に涙があふれた (撮影・山下幸志朗)【拡大】

 第100回全国高校野球選手権大会北神奈川大会(13日、海老名6-4法政二、サーティーフォー相模原)昭和最後の夏の神奈川王者、法政二が平成最後の夏を終えた。30年前の夏の甲子園をコーチとして経験し、それ以来の聖地を目指して昨秋、12年ぶりに復帰した根本恭一監督のもと無念の初戦敗退。「自分たちらしさが最後出たのはよかった。でも、勝ちきれなかったのは練習不足でした」。田島裕一郎主将(3年)は涙を浮かべた。

 七回に連続適時打で一時同点としたが、八回に登板した杉山竜太郎投手(3年)が決勝2ランを浴びた。九回は、一死満塁の好機で後続が2者連続三振に倒れた。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 法政二、初戦で散る…昭和最後の神奈川代表、平成最後は聖地届かず/北神奈川