2018.7.14 22:32

JR四国指揮官、19年ぶり白星に「期待に応えられてうれしい」/都市対抗

JR四国指揮官、19年ぶり白星に「期待に応えられてうれしい」/都市対抗

8回裏、岡田佑の三塁打で勝ち越しの生還をし、ナインに迎えられる一走小林(10)=東京ドーム

8回裏、岡田佑の三塁打で勝ち越しの生還をし、ナインに迎えられる一走小林(10)=東京ドーム【拡大】

 第89回都市対抗野球大会第2日(14日、JR四国3-1ホンダ、東京D)JR四国は昨年の初戦で敗れたホンダに雪辱し、19年ぶり白星を挙げた。八回に好投の菊池が初の得点を許したが、直後の攻撃で二死からの3連打で2点を勝ち越し。佐野監督は「期待に応えられてうれしい」と勝利の喜びをかみしめた。

 右翼線へ決勝三塁打を放った岡田佑は本来は守備固めの選手で、代打を送られることも考えたという。殊勲の一打に「監督の思いに応えようという意識だった。最高の一言」と興奮気味だった。

ホンダ・岡野監督の話「(同点後の)バント失敗が痛かった。手応えはあったが、勝てるチームをつくらないといけない」

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 8回裏JR四国2死一塁、岡田佑が勝ち越し三塁打を放つ=東京ドーム
  • 先発したJR四国・菊池=東京ドーム
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. アマ野球
  4. JR四国指揮官、19年ぶり白星に「期待に応えられてうれしい」/都市対抗