2018.7.13 21:12

六回にデスパイネ&山川が適時打

六回にデスパイネ&山川が適時打

7回、タイムリーを放ち日本ハム・近藤とポーズを決める西武・山川 =京セラドーム大阪(撮影・森田達也)

7回、タイムリーを放ち日本ハム・近藤とポーズを決める西武・山川 =京セラドーム大阪(撮影・森田達也)【拡大】

 「マイナビオールスター2018」第1戦が京セラドームで行われ、全パの代打・アルフレド・デスパイネ外野手(32)=ソフトバンク=が5-5の六回、一死一、二塁から勝ち越しの適時左前打を放った。

 さらに、続く山川穂高内野手(26)=西武=も中前適時打を放ち差を広げ、六回を終え全パが7-5とリードしている。

試合結果へ出場選手・監督へ

  • 6回、西武・山川が適時打を放つとベンチのソフトバンク・柳田、西武・源田がおなじみのポーズの祝福=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • 6回、適時打を放つソフトバンク・デスパイネ=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 六回にデスパイネ&山川が適時打