2018.7.13 22:00

全パが乱打戦を制す MVPは西武・森/球宴

全パが乱打戦を制す MVPは西武・森/球宴

勝利して喜ぶ全パナイン=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)

勝利して喜ぶ全パナイン=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)【拡大】

 マイナビオールスターゲーム第1戦(13日、全パ7-6全セ、全パ1勝、京セラ)全パが乱打戦を制した。一回に全セ先発の松坂(中日)から5点を奪い、主導権を奪った。これで通算成績を83勝78敗11分けとした。MVPは一回の3ランなど2安打を放った森(西武)が選ばれた。第2戦は14日に熊本で行われる。

 全パは一回、先頭・秋山(西武)の右越えソロで先制。一死後、単打と死球で一、二塁とし、吉田正(オリックス)の中前適時打で追加点を挙げた。なおも一死一、三塁で浅村(西武)は右飛に倒れたが、森が右越え3ランを放って5-0とした。

 全セは二回一死、鈴木(広島)が菊池(西武)から中越えソロを放ち、1点を返した。さらにバレンティン(ヤクルト)の中越え二塁打、宮崎(DeNA)の左越え2ランで3-5とした。

 全セは三回、先頭の山田哲(ヤクルト)が中前打。二死後、筒香(DeNA)が左越え2ランを放って5-5に追いついた。全パは六回、一死一、二塁から代打・デスパイネ(ロッテ)が左前に勝ち越し打。続く山川(西武)も中前適時打を放ち、7-5とリードした。全セは八回、先頭の田中(広島)が中前打、二盗を決め無死二塁。筒香の一ゴロで一死三塁から、平田(中日)の遊ゴロの間に田中が生還して、1点差に迫った。しかし、反撃もそこまでだった。

試合結果へ出場選手・監督へ

  • つば九郎とドアラがふざけて遊ぶも、各球団のチアガールには相手にされず…=京セラドーム大阪(撮影・大橋純人)
  • 1回、本塁打を放つ西武・秋山=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • 1回、適時打を放つオリックス・吉田正=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • 3回、右二塁打を放つ西武・森=京セラドーム大阪(撮影・矢島康弘)
  • 2回、本塁打を放つ広島・鈴木=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • 2回、DeNA・宮崎が2点本塁打を放つ=京セラドーム大阪(撮影・矢島康弘)
  • 3回、2点本塁打を放つDeNA・筒香=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • 6回、適時打を放つソフトバンク・デスパイネ=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • 6回中適時打を放つ全パの西武・山川=京セラドーム大阪(撮影・長尾みなみ)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 全パが乱打戦を制す MVPは西武・森/球宴