2018.7.13 23:34

西武・山川、初出場で貴重な適時打「普通に打ちにいった」/球宴

西武・山川、初出場で貴重な適時打「普通に打ちにいった」/球宴

6回 中適時打を放つ全パの西武・山川=京セラドーム大阪(撮影・長尾みなみ)

6回 中適時打を放つ全パの西武・山川=京セラドーム大阪(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 マイナビオールスターゲーム第1戦(13日、全パ7-6全セ、全パ1勝、京セラ)西武の山川が初出場し貴重な適時打を放った。六回、デスパイネの適時打で1点を勝ち越してなお一、二塁で変化球を中前へ打ち返し「本塁打を狙うでもなく、普通に打ちにいった」とうなずいた。

 前半戦はともにリーグトップの23本塁打、70打点をマークし好調なチームの象徴的な存在となった。第2戦では試合前の本塁打競争に出場する。「めちゃくちゃ打てるか、めちゃくちゃ打てないかのどちらかでは」と思いを巡らせた。

試合結果へ出場選手・監督へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武・山川、初出場で貴重な適時打「普通に打ちにいった」/球宴