2018.7.13 19:53

中日・松坂、12年ぶり登板で1回4安打5失点/球宴

中日・松坂、12年ぶり登板で1回4安打5失点/球宴

1回、3点本塁打を放つ西武・森。投手は中日・松坂=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)

1回、3点本塁打を放つ西武・森。投手は中日・松坂=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)【拡大】

 マイナビオールスターゲーム第1戦(13日、全パ-全セ、京セラ)ファン投票で選出され12年ぶりに球宴のマウンドにあがった中日・松坂大輔投手(37)は、西武・森に3ラン本塁打を浴びるなど、1回4安打5失点の内容だった。球数は30。

 ファンの大歓声に迎えられて、99番が夢舞台に帰って来た。ところが、いきなり先頭の秋山(西武)にフルカウントから、右越えソロを浴びる。2番・柳田(ソフトバンク)は137キロの外角速球で空振り三振に仕留めるも、横浜高の後輩、近藤(日本ハム)に中前打を許す。続く中田(日本ハム)へは死球を与え、一死一、二塁から吉田正(オリックス)に中前適時打を浴びて追加点を与えた。さらに二死一、三塁から森(西武)に右翼ポール横へ3ランを浴び、この回5失点となった。

 背中の捻挫で6月17日の西武戦(メットライフ)を試合直前に登板回避した松坂。この日の球宴が6月8日のソフトバンク戦(ナゴヤドーム)以来の実戦マウンドとなった。

試合結果へ出場選手・監督へ

  • 1回、全パの西武・秋山に先制本塁打を浴びた、全セ先発の中日・松坂=京セラドーム大阪(撮影・林俊志)
  • 1回、日本ハム・近藤の打球にグラブを出す中日・松坂=京セラドーム大阪(撮影・森田達也)
  • 1回、西武・秋山が放った本塁打の打球を見つめる中日・松坂=京セラドーム大阪(撮影・森田達也)
  • 1回、オリックス・吉田正に適時打を浴びた中日・松坂=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • 1回、登板する全セ先発の中日・松坂=京セラドーム大阪(撮影・森本幸一)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 中日・松坂、12年ぶり登板で1回4安打5失点/球宴