2018.7.12 05:01

初の2戦連発!中日、京田弾で逃げ切った

初の2戦連発!中日、京田弾で逃げ切った

先制の2点本塁打を放った中日・京田陽太(撮影・大橋純人)

先制の2点本塁打を放った中日・京田陽太(撮影・大橋純人)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA1-2中日、14回戦、DeNA8勝6敗、11日、横浜)京田が三回、プロ入り後初の2戦連続となる3号2ラン。二死一塁から高めの直球を「力負けしないようコンパクトにいった」と捉え、勝利に直結する打球は左翼席最前列へ飛び込んだ。昨季のセ・リーグ新人王も6月は打率・163と不振を極め、6月後半からは31打席連続無安打も経験。苦しんでも下を向かず「練習するだけ。使ってもらっているので応えたい」と前を見据えてバットを振り、復活した。

試合結果へ

  • 3回、先制の2点本塁打を放つ中日・京田=横浜スタジアム(撮影・大橋純人)
  • 先発の中日・小笠原=横浜スタジアム(撮影・大橋純人)
  • ベンチに座って戦況を見つめる中日・森監督=横浜スタジアム(撮影・大橋純人)
  • 七回途中でリードしたまま降板となった先発の中日・小笠原(中央)=横浜スタジアム(撮影・大橋純人)
  • 七回途中から2番手で登板した中日・又吉=横浜スタジアム(撮影・大橋純人)
  • 試合終了の瞬間、笑顔で手をたたく勝利投手の中日・小笠原=横浜スタジアム(撮影・大橋純人)
  • DeNAに勝利し、タッチする京田(右端)ら中日ナイン=横浜
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 初の2戦連発!中日、京田弾で逃げ切った