2018.7.11 08:00

【黒田正宏 軍師の断】普段の投球で藤浪は十分抑えられる

【黒田正宏 軍師の断】

普段の投球で藤浪は十分抑えられる

特集:
黒田正宏 軍師の断
藤浪晋太郎
先発の阪神・藤浪=鳴尾浜球場(撮影・二星昭子)

先発の阪神・藤浪=鳴尾浜球場(撮影・二星昭子)【拡大】

 (ウエスタン・リーグ、阪神4-1中日、10日、鳴尾浜)登板して初球から150キロ超の速球をドンドン投げられる投手の魅力を改めて感じた試合だった。藤浪であり、望月であり、才木も近い位置にいる。中でも藤浪はワンランク上の速球。しかも、この日は、変化球の制球が安定していた。スライダーなどでストライクが取れると、落ち着いて攻めることができるし、速球の威力が倍増する。

 今シーズンは好投したり、乱調だったり…の繰り返しに苦しんでいるが、この日の投球内容に解決のヒントがあった。

 2ストライクを奪って追い込むと、完全に力んだ球を投げるシーンが何度か見られた。空振り三振を狙っているのだろう。文句なしに素晴らしい球を投げているのに、さらにいい球を投げようとしてしまう、という表現が当てはまるかもしれない。

 より高いレベルを求めるがゆえの“落とし穴”だ。今投げている速球は十分に一級品。無理により以上の球を投げようとしなくても、普段の投球で抑えられることを認識してほしい。

 藤浪には、若い剛速球投手たちのリーダーとして引っ張る役目もある。力みをなくせば、後半戦のフル回転も現実味を帯びるし、その姿が自然と他の投手をけん引することにもなるはずだ。 (サンケイスポーツ専属評論家)

  • 阪神・藤浪の今季登板成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【黒田正宏 軍師の断】普段の投球で藤浪は十分抑えられる