2018.7.11 05:02

ヤクルト・青木、8年ぶり4度目の月間MVP受賞

ヤクルト・青木、8年ぶり4度目の月間MVP受賞

日本生命月間MVP賞(6月度)の打者賞を受賞したヤクルト・青木のコメントを読み上げる広報の加来広宣氏=神宮球場(撮影・加藤圭祐)

日本生命月間MVP賞(6月度)の打者賞を受賞したヤクルト・青木のコメントを読み上げる広報の加来広宣氏=神宮球場(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 セ、パ両リーグは10日、6月の月間最優秀選手(MVP)を発表し、セはヤクルト勢から小川泰弘投手(28)が2度目、青木宣親外野手(36)が4度目で米大リーグから復帰後初めて選ばれた。

 2015年9月以来のダブル受賞。青木は10年9月以来、4度目の受賞となった。打率・388、33安打、4本塁打、22打点がいずれもリーグトップで「チームにとっても、自分にとっても後半戦に向けていい戦い方ができた」とコメント。6月30日の阪神戦(神宮)で頭部死球を受け、脳振とうの特例措置で登録抹消中だが、11日にも再登録される見込み。「大丈夫です。状態も悪くない」と語った。 (神宮外苑)

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルト・青木、8年ぶり4度目の月間MVP受賞