2018.7.11 22:03

ロッテ・有吉、自己最短KO 三回途中までに7安打7失点

ロッテ・有吉、自己最短KO 三回途中までに7安打7失点

西武戦に先発したロッテ・有吉=メットライフドーム

西武戦に先発したロッテ・有吉=メットライフドーム【拡大】

 (パ・リーグ、西武8-4ロッテ、15回戦、西武9勝6敗、11日、メットライフ)ロッテの有吉が三回途中まで投げて7安打7失点と打ち込まれた。2年目の今季、5月にプロ初先発してローテーション入りしてから最短での降板。「なかなかリズムに乗れず、こういう展開になってしまい申し訳ない」と肩を落とした。

 0-1の三回、先頭打者の源田を内野安打で出塁させると浅村への初球が甘く浮いて2ランを浴びた。さらに2死満塁と攻められ、金子侑にも初球を3点二塁打された。「一年の半分に来て、新人で中継ぎだった昨季とは別物の疲れがある」と話していた不安が的中した。

井上(0-7の五回に16号2ラン)「意地があるので。あと、故郷の広島に少しでも元気を与えられたらと思う」

井口監督(有吉に)「ちょっと直球で押し過ぎた。後半戦もローテーションで回す」

試合結果へ

  • 先発のロッテ・有吉=メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)
  • 5回2点本塁打を放つロッテ・井上=メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ロッテ
  5. ロッテ・有吉、自己最短KO 三回途中までに7安打7失点