2018.7.11 23:03

西武・榎田、反省の7勝目 球数かさんで降板に「申し訳ない」

西武・榎田、反省の7勝目 球数かさんで降板に「申し訳ない」

ロッテ戦に先発した西武・榎田=メットライフドーム

ロッテ戦に先発した西武・榎田=メットライフドーム【拡大】

 (パ・リーグ、西武8-4ロッテ、15回戦、西武9勝6敗、11日、メットライフ)西武の榎田は5回6安打2失点で7勝目を挙げた。ただ、三回までに7点の援護を受けながら117球と球数がかさんで降板し「たくさん点を取ってもらったので、もっと長いイニングを投げなければいけないのに申し訳ない」と反省した。

 3月のオープン戦中にトレードで加入し、前半戦で7勝を挙げた。辻監督は「榎田が投げると点が取れる」とうれしそうだった。

浅村(三回に18号2ラン)「後ろにつなごうと思って打席に入った。手応えは完璧だった」

辻監督(新人の開幕から221試合連続フルイニング出場の源田に)「細身だけど丈夫。死球を受けても頑張って出る。へばった感じは見せない」

試合結果へ

  • 先発の西武・榎田=メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)
  • ヒーローの西武・源田=メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)
  • 4回ロッテ無死、清田の飛球を好捕する西武の中堅手秋山。左は左翼手金子侑=メットライフドーム
  • 3回、2点本塁打を放つ西武・浅村 =メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)
  • 3回西武二死満塁、金子侑が左中間に走者一掃の二塁打を放つ=メットライフドーム
  • 3回西武二死一、三塁、源田が左前に適時打を放つ=メットライフドーム
  • 2回西武・中村の遊ゴロ間に1点を上げる=メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)
  • 3回、西武・浅村が中越えに2ランを放つ=メットライフドーム
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武・榎田、反省の7勝目 球数かさんで降板に「申し訳ない」