2018.7.11 21:55

西武、2位の日本ハムに2・5差で前半戦ターン 13安打8得点でロッテに快勝

西武、2位の日本ハムに2・5差で前半戦ターン 13安打8得点でロッテに快勝

3回、2点本塁打を放つ西武・浅村 =メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)  

3回、2点本塁打を放つ西武・浅村 =メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)  【拡大】

 (パ・リーグ、西武8-4ロッテ、15回戦、西武9勝6敗、11日、メットライフ)西武は三回に一挙6点を挙げるなど自慢の打線が機能し、球宴前最後の試合でロッテに快勝した。この日、試合のなかった2位・日本ハムとのゲーム差を2・5とした。先発の榎田大樹投手(31)が5回6安打2失点で今季7勝目(2敗)を挙げた。

 西武打線がこの日も猛攻を仕掛け、前半戦最後の試合を大勝で飾った。二回に一死二塁から相手の失策などで1点を先制すると、三回にはロッテの先発、有吉から浅村がバックスクリーン右へ18号2ラン。さらに二死満塁から金子侑の左中間3点二塁打、源田の左前適時打で7-0とした。

 先発の榎田が五回に2点を失ったものの、その裏に二死一、三塁から源田の右前適時打で追加点を挙げ8-2とした。榎田の後を松本、平井、ヒースとつなぎ、最後はカスティーヨがロッテの反撃を2点にとどめた。

 試合後、浅村は「つなぐ意識で打席に入った。手応えは完ぺきだった」と三回の2ランを振り返った。主将としてここまでの戦いを振り返り「一人一人が役割を全うできているのでこういう結果になっていると思う」と納得の表情。最後は「前半戦と同じように戦えれば、優勝できると思っているので、この調子で頑張りたい」と言葉に力を込めた。

試合結果へ

  • 3回西武二死満塁、金子侑が左中間に走者一掃の二塁打を放つ=メットライフドーム
  • 3回西武二死一、三塁、源田が左前に適時打を放つ=メットライフドーム
  • 始球式に臨むお掃除ユニットCLEAR’Sの伊織あい=メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)
  • 始球式に臨むお掃除ユニットCLEAR’Sの伊織あい=メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)
  • 始球式に臨むお掃除ユニットCLEAR’Sの伊織あい=メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)
  • 2回西武・中村の遊ゴロ間に1点を上げる=メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)
  • 3回、西武・浅村が中越えに2ランを放つ=メットライフドーム
  • 先発の西武・榎田=メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)
  • ロッテ戦に先発した西武・榎田=メットライフドーム
  • 4回ロッテ無死、清田の飛球を好捕する西武の中堅手秋山。左は左翼手金子侑=メットライフドーム
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武、2位の日本ハムに2・5差で前半戦ターン 13安打8得点でロッテに快勝