2018.7.11 12:08

埼玉栄が順当勝ち、プロ注の米倉2失点完投/南埼玉

埼玉栄が順当勝ち、プロ注の米倉2失点完投/南埼玉

埼玉栄・米倉貴太投手は、初戦の細田学園戦で完投した=市営大宮(撮影・赤堀宏幸)

埼玉栄・米倉貴太投手は、初戦の細田学園戦で完投した=市営大宮(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 第100回全国高校野球選手権記念大会(8月5日開幕、甲子園)の南埼玉大会は11日、2回戦が行われ、市営大宮球場の第1試合は、埼玉栄が細田学園を6-2で下し、3回戦へ進んだ。

 この試合が大会初戦の埼玉栄は、1-1の同点に追いつかれた後、三回表に死球や敵失に2本の安打を絡め3点を奪い、九回にも2点を加え、先発した最速146キロのプロ注目右腕・米倉貫太投手(3年)が、4安打2失点で完投した。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 埼玉栄が順当勝ち、プロ注の米倉2失点完投/南埼玉