2018.7.11 21:01

中日、前半戦を連勝締め…小笠原が七回途中1失点で4勝目

中日、前半戦を連勝締め…小笠原が七回途中1失点で4勝目

先発の中日・小笠原=横浜スタジアム(撮影・大橋純人)

先発の中日・小笠原=横浜スタジアム(撮影・大橋純人)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA1-2中日、14回戦、DeNA8勝6敗、11日、横浜)中日はDeNAとの接戦を制し、球宴前最後の試合を白星で飾り2連勝とした。先発の小笠原慎之介投手(20)が6回2/3を3安打1失点で4勝目(6敗)を挙げた。

 中日は三回に二死一塁から京田がDeNAの先発、今永から左翼席へ3号2ランを放ち、先制した。小笠原は五回に桑原にソロを浴び、1点を失ったが、七回二死まで好投。後を受けた又吉が八回まで抑えると、最後はD1位・鈴木博(ヤマハ)が無失点で締めた。

 小笠原は試合後「とにかくしっかり腕を振って試合を作れるようにした。序盤から守備に助けられて、なんとか1失点にこらえられたので、野手のみなさんに感謝です」と汗を拭った。これで自身の登板では2連勝。「1イニングでも長く投げられるように頑張りたい」と後半戦を見据えた。

試合結果へ

  • 3回、先制の2点本塁打を放つ中日・京田=横浜スタジアム(撮影・大橋純人)
  • ベンチに座って戦況を見つめる中日・森監督=横浜スタジアム(撮影・大橋純人)
  • 七回途中でリードしたまま降板となった先発の中日・小笠原(中央)=横浜スタジアム(撮影・大橋純人)
  • 七回途中から2番手で登板した中日・又吉=横浜スタジアム(撮影・大橋純人)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 中日、前半戦を連勝締め…小笠原が七回途中1失点で4勝目