2018.7.10 22:04

ロッテが3位浮上…西武は5連勝でストップ

ロッテが3位浮上…西武は5連勝でストップ

8回、適時打を放つロッテ・菅野=メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)

8回、適時打を放つロッテ・菅野=メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)【拡大】

 (パ・リーグ、西武5-7ロッテ、14回戦、西武8勝6敗、10日、メットライフ)ロッテが西武との接戦を制した。同点の八回に代打で登場したドラフト4位・菅野剛士外野手(25)=日立製作所=の適時打などで3点を勝ち越した。この日、敗れたソフトバンク、オリックスをかわし3位に浮上。敗れた西武は連勝が5で止まった。

 ロッテは二回、無死一、三塁の好機を作ると、鈴木の遊ゴロ併殺の間に三走が生還し、1点を先制した。三回には一死満塁から、井上の犠飛で追加点。なおも二死二、三塁から角中の右前2点打で4点目を入れた。

 西武は三回、先頭の中村が左翼席へ5号ソロを放ち、1点を返した。六回には一死一塁から源田の1号ソロ、山川の23号2ランで3点を入れ、同点に追いついた。

 ロッテは八回、無死満塁で角中が放った投ゴロで西武内野陣は本塁と一塁で併殺を狙ったが、捕手・炭谷が一塁へ悪送球。その間に二走が生還し1点を勝ち越した。なおも一死二、三塁から代打・菅野の右前適時打で追加点。さらに二死一、三塁から田村の右前適時打で7-4とした。西武はその裏、先頭の浅村が左翼席へ17号ソロを放ち、1点を返した。

 ロッテは九回を内が無失点で締め、逃げ切った。ヒーローインタビューに呼ばれた菅野は「つなぐことをだけを考えて打席に立ちました。どうにか1点入るようなバッティングを心がけていました」と振り返った。これでチームは3位浮上。「チームの流れもいいので、自分もそれに乗れるように頑張りたい」と言葉に力を込めた。

試合結果へ

  • 6回、西武・山川に同点2ランを打たれガックリのロッテ・石川=メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)
  • 先発のロッテ・石川=メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)
  • 3回、犠飛を放つロッテ・井上=メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)
  • 3回、適時打を放つロッテ・角中=メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)
  • 西武戦に先発したロッテ・石川=メットライフドーム
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ロッテ
  5. ロッテが3位浮上…西武は5連勝でストップ