2018.7.10 22:49

DeNA、2年ぶりの借金ターン ラミレス監督「野球なので起こりえること」

DeNA、2年ぶりの借金ターン ラミレス監督「野球なので起こりえること」

6回途中で降板となったDeNA・ウィーランド(左)=横浜スタジアム(撮影・大橋純人)

6回途中で降板となったDeNA・ウィーランド(左)=横浜スタジアム(撮影・大橋純人)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA8-13中日、13回戦、DeNA8勝5敗、10日、横浜)DeNAは連勝が4で止まり、2年ぶりの前半戦負け越しが決まった。ウィーランドが来日2年目で自己ワーストの9失点。この日チームの13失点は全て2死からで、ラミレス監督は「野球なので起こりえること。残念ながら悪い方に出てしまった」と嘆いた。

 4-6の六回は既に100球に迫っていたウィーランドの続投が裏目に出て、主導権を手放した。監督は「次の攻撃の先頭だったので打たせたかった」と語り、四回に本塁打を放った“打者ウィーランド”への考えがあったことを説明した。

ウィーランド(今季初本塁打を放つも来日ワーストの9失点で5敗目)「慎重になり過ぎ、ボールが先行してしまった」

桑原(四回に一時同点とする2ラン)「フォークボールに対してうまく反応することができた」

試合結果へ

  • 先発したDeNA・ウィーランド=横浜スタジアム(撮影・大橋純人)
  • 2回、右前打を放つDeNA・ウィーランド=横浜スタジアム(撮影・大橋純人)
  • 1回、二塁走者のDeNA・石川はソトの適時二塁打で三塁を回り本塁へ向かう=横浜スタジアム(撮影・大橋純人)
  • 4回、ソロ本塁打を放つDeNA・ウィーランド=横浜スタジアム(撮影・大橋純人)
  • 4回、2点本塁打を放つDeNA・桑原=横浜スタジアム(撮影・大橋純人)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. DeNA、2年ぶりの借金ターン ラミレス監督「野球なので起こりえること」