2018.7.8 18:00(1/5ページ)

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】重要な阪神・坂井オーナーと金本監督のトップ会談 西武・浅村やオリ・西らのFA獲得作業は誰が?

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】

重要な阪神・坂井オーナーと金本監督のトップ会談 西武・浅村やオリ・西らのFA獲得作業は誰が?

特集:
「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記
今年の春季キャンプを視察した阪神・坂井オーナー(左)と金本監督

今年の春季キャンプを視察した阪神・坂井オーナー(左)と金本監督【拡大】

 浅村(西武)や西(オリックス)らのFA獲得作業は誰が陣頭指揮を執るのか-。今週中に行われる阪神・坂井信也オーナー(70)と金本知憲監督(50)のトップ会談では来季以降のチーム造りの方向性と推進役を決めなければなりません。阪神は73試合消化時点で、35勝37敗1分の借金2ながら広島に次ぐ2位(7日現在)。リーグ全体の低勝率に助けられていますが、戦いぶりは一進一退です。今季の優勝を目指しながら、一方では来季構想に着手しなければならない時期なのですが、トップ会談では2つの重大懸案を定めなければならないでしょう。

 阪神の順位を聞いて、少し耳を疑いますよね。73試合消化時点で35勝37敗1分の借金2(7日現在)。いつものシーズンなら4位ぐらいの成績ですね。

 それでも、リーグでは広島に次ぐ2位。この時点で貯金のあるチームが広島だけ…という前例のないようなペナントレースの展開が阪神の追い風?になっているのでしょうか。シーズン開幕から誤算だらけの戦いでも、まだまだ優勝のチャンスが残っているのです。

 「今年は大チャンスやったんや。開幕前、多くの評論家が身びいきではなく阪神優勝を予想していただろ。それだけ戦力はあったはず。しかし、ロサリオの不振に始まり若手野手の伸び悩みなど誤算の連続で勝てなかった。色々と言いたいことはあるけど、それでも2位にいるんだからまだチャンスは残っている。大ラッキーを生かして頑張って欲しいよね」とは阪神OBの言葉ですが、ホントに大ラッキーの展開を生かすも殺すも今後の戦い方次第ですね。

【続きを読む】

  • 若手の練習を見守る金本監督
  • 西武の首位躍進を支える浅村
  • 内外角に変化球を制球よく投げ込むオリックス・西
  • 金本監督
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】重要な阪神・坂井オーナーと金本監督のトップ会談 西武・浅村やオリ・西らのFA獲得作業は誰が?