2018.7.8 18:41

ロッテ・酒居、独り相撲で失点「やってはいけないこと」

ロッテ・酒居、独り相撲で失点「やってはいけないこと」

6回途中で降板する先発のロッテ・酒居=ZOZOマリンスタジアム(撮影・福島範和)

6回途中で降板する先発のロッテ・酒居=ZOZOマリンスタジアム(撮影・福島範和)【拡大】

 (パ・リーグ、ロッテ3-6日本ハム、15回戦、7勝7敗1分、8日、ゾゾマリン)ロッテの酒居は独り相撲で失点を重ねた。二回1死一、二塁で投ゴロの処理を焦って併殺を逃し、大田に2点適時打を浴びた。六回1死一、三塁からはボークで3点目を与え、さらに西川に適時三塁打を打たれて降板。四球も五つあり「やってはいけないことをしてチームの流れを悪くした」と猛反省した。

 ボークは三塁への偽投で取られた。4年前から運用されている規則での初歩的なミス。井口監督は「初回から制球が定まらず(ボークで)一気にいかれた」とおかんむりだった。

試合結果へ

  • 1回、ピンチを迎えマウンドに集まる酒居(右から3人目)らロッテナイン=ZOZOマリンスタジアム(撮影・福島範和)
  • 先発のロッテ・酒居=ZOZOマリンスタジアム(撮影・福島範和)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ロッテ
  5. ロッテ・酒居、独り相撲で失点「やってはいけないこと」