2018.7.7 05:01

作新学院OB八木沢氏が「100点満点」始球式 62年甲子園春夏連覇/栃木

作新学院OB八木沢氏が「100点満点」始球式 62年甲子園春夏連覇/栃木

始球式を務めた作新学院OB・八木沢荘六氏

始球式を務めた作新学院OB・八木沢荘六氏【拡大】

 第100回全国高校野球選手権大会(8月5日開幕、甲子園)の代表を懸けた栃木大会が6日、関東の先陣を切って開幕した。作新学院は自校の持つ連続出場記録を更新する栃木大会8連覇に挑む。6日はOBで1962年甲子園春夏連覇時のエース・八木沢荘六氏が開幕試合の始球式に登板。低めいっぱいに決まるストライク投球に「100回大会で100点満点」とご満悦だった。捕手を務めた現主将の磯は「歴史と伝統を改めて感じた。重く感じることなく、むしろそれを力に変えて戦いたい」と意気込んだ。 (宇都宮)

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 作新学院OB八木沢氏が「100点満点」始球式 62年甲子園春夏連覇/栃木