2018.7.4 20:18

阪神・藤浪、六回途中4失点で降板 433日ぶり甲子園での勝利ならず

阪神・藤浪、六回途中4失点で降板 433日ぶり甲子園での勝利ならず

特集:
藤浪晋太郎
5回、ロジンの粉を吹く阪神・藤浪=阪神甲子園球場(撮影・岩川晋也)

5回、ロジンの粉を吹く阪神・藤浪=阪神甲子園球場(撮影・岩川晋也)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神-中日、13回戦、4日、甲子園)阪神・藤浪晋太郎投手(24)が中日戦に先発し、5回1/3を投げ、4安打4失点6四球で降板。2017年4月27日のDeNA戦以来、433日ぶりとなる甲子園での勝利を逃した。

 藤浪は一回、二死から平田を155キロの真っすぐで右飛に抑えるなど3人で終わらせた。

 二回、先頭のビシエドに四球、二死から福田に四球を許しピンチを広げると、続く松井雅に中前適時打を浴び0-1とされた。

 三回、二死から平田に四球、ビシエドに左前打を打たれ一、三塁のピンチを招くと、アルモンテに140キロフォークを中前に運ばれ失点。なおも二、三塁から高橋に左翼フェンス直撃の2点打を浴び0-4とされた。

 四回は二者連続三振を奪うなど3人で終わらせた。

 打線は四回、二死一、二塁から梅野が4号3ランを放ち3-4とした。

 五回は二死からビシエドに四球を許すも、続くアルモンテを二飛に打ち取った。

 六回、一死から2者連続四球でピンチを招き降板。2番手の能見が後続を断った。

 打線は六回、先頭の陽川の二塁打などで無死三塁のチャンスを迎えると、ナバーロの左犠飛で同点に追いつき、藤浪の負けが消えた。

  • 先発の阪神・藤浪=阪神甲子園球場(撮影・岩川晋也)
  • 3回、阪神・藤浪は中日・アルモンテの打球にグラブを出すが捕れず適時打となる=甲子園球場(撮影・岡田茂)
  • 4回、3ラン本塁打を放つ阪神・梅野=阪神甲子園球場(撮影・岩川晋也)
  • 4回、二塁打を放つ阪神・ナバーロ=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 4回、本塁打を放ち、ベンチ前で金本監督(左)とタッチを交わす阪神・梅野=阪神甲子園球場(撮影・岩川晋也)
  • 3回、左前安打を打つ阪神・北條=阪神甲子園球場(撮影・岩川晋也)
  • 1回、左翼線上へ二塁打を打つ阪神・福留=阪神甲子園球場(撮影・岩川晋也)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・藤浪、六回途中4失点で降板 433日ぶり甲子園での勝利ならず