2018.7.1 05:03(1/2ページ)

頼れる主将やわ~阪神・福留、打っては3タイムリー!ベンチでは才木を激励

頼れる主将やわ~阪神・福留、打っては3タイムリー!ベンチでは才木を激励

特集:
福留孝介
この美しいバット投げ! 福留が五回にトドメの2点二塁打を放った(撮影・松永渉平)

この美しいバット投げ! 福留が五回にトドメの2点二塁打を放った(撮影・松永渉平)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト7-15阪神、8回戦、阪神5勝3敗、30日、神宮)何度も何度もスタンドに手を振って、声援に応えていた。夏祭りにはちょっぴり早い、猛虎祭。41歳の福留が屋台骨として支えるからこそ、だ。

 「初回のチャンスで何とかとれてよかった。みんながつないで勝てた」

 3安打すべて適時打で、6月27日のDeNA戦(横浜)以来、今季2度目の4打点を決めた。

 一回無死一、三塁の先制機では左腕・ハフからきれいに中前に弾き返し、二回無死二塁でも再び中前へ。圧巻は五回一死満塁。今度はサブマリン山中の初球シンカーに反応した。打球は左翼フェンスを直撃し、2点二塁打。試合を決定づけた。

 「(頭部死球を受けたヤクルトの)青木も心配だけど…。才木もこれだけ頑張ってくれた。自信になると思う」

 緊急登板ながら6回無失点でプロ2勝目を挙げた才木には、「1つずつ抑えていけよ」とベンチで声をかけ続けた。降板後にも、笑顔でねぎらう姿もあった。

 主将2年目。チームのことを誰よりも考えている。見ている方が爪の垢でも煎じて飲みたいところだが、福留に爪の垢は“ない”。爪を切った後、やすりを使って丁寧に研ぐのが習慣。どんな小さなほころびでも、ときに命取りになる。だからこそ念には念を入れる。20年、プロでうまい飯を食えてきたワケだ。

【続きを読む】

  • 試合中、何度も才木(左)に声をかけた福留
  • 2回、適時打を放つ阪神・福留=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 1回、マウンドへ向かう阪神・才木=神宮球場(撮影・松永渉平)
  • 1回途中からリリーフで登板した阪神・才木=神宮球場(撮影・大橋純人)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 頼れる主将やわ~阪神・福留、打っては3タイムリー!ベンチでは才木を激励