2018.6.29 13:00(2/2ページ)

【球界ここだけの話(1316)】殊勲打のロッテ・アジャ井上はなぜ頭を抱えた?

【球界ここだけの話(1316)】

殊勲打のロッテ・アジャ井上はなぜ頭を抱えた?

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
ボールは高く風乗り…逆転となる適時二塁打を放ったロッテ・井上=ZOZOマリンスタジアム

ボールは高く風乗り…逆転となる適時二塁打を放ったロッテ・井上=ZOZOマリンスタジアム【拡大】

 試合後の他愛のないやりとりの一幕だが、井上は今季キャリアハイを次々と更新、初めて本塁打も2桁に乗った。まさに覚醒のシーズンを迎えている。チームの日本選手では2013年の井口(現監督)以来、20本打った選手は出ていない。その井口監督は「(井上)晴哉の力なら普通に打てて当たり前。彼には未知の世界だけど自分のスイングができている」と実現可能だとみている。本人は「謙虚に」という言葉を繰り返す。

 かつて、小林雅英(現投手コーチ)には「幕張の防波堤」なる愛称があった。井上が20本塁打、いや30本塁打に達したら何か考えないといけない。(芳賀宏)

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ロッテ
  5. 【球界ここだけの話(1316)】殊勲打のロッテ・アジャ井上はなぜ頭を抱えた?