2018.6.28 05:03(1/2ページ)

阪神・藤浪、粘った1年ぶり連勝!5連打食らった3ラン浴びた…5回5失点

阪神・藤浪、粘った1年ぶり連勝!5連打食らった3ラン浴びた…5回5失点

特集:
藤浪晋太郎
藤浪は三回、宮崎に3ランを浴びてマウンドで立ち尽くす(撮影・松永渉平)

藤浪は三回、宮崎に3ランを浴びてマウンドで立ち尽くす(撮影・松永渉平)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA6-16阪神、9回戦、阪神7勝2敗、27日、横浜)必死な姿は、見るモノの胸を打つ。1点リードの五回無死満塁。絶体絶命のピンチで、藤浪は踏みとどまった。中川大の投ゴロをガッチリつかむと“サイドスロー”で本塁送球。一塁転送されて併殺に。続く大和も遊ゴロに打ち取って、この回でマウンドを降りた。

 「きょうはチームに勝たせてもらいました」

 ふがいなさ、悔しさを隠し、淡々と振り返った。過去の実績からすれば、5回93球5失点は大いに物足りない。でも、今は素直に感謝する。407日ぶりに勝利を挙げた15日の楽天戦(楽天生命パーク)に続く2勝目。1年ぶりの連勝だ。

 「楽天戦より、全然調子が良かったんですが、あの回だけ、もったいなかったですね」

 立ち上がりから制球も安定し、迎えた三回。一死から神里、柴田、ソト、筒香には150キロ超の速球を立て続けに打たれた。宮崎には135キロスライダーを右翼席へ運ばれ、まさかの5連打5失点で逆転された。

【続きを読む】

  • 5回、無死満塁を無失点で切り抜けガッツポーズをする阪神・藤浪=横浜スタジアム(撮影・森本幸一)
  • 6回、投手交代を告げられベンチをひきあげる阪神・藤浪=横浜スタジアム(撮影・矢島康弘)
  • 3回、DeNA・宮崎に逆転3点本塁打を浴びる阪神・藤浪=横浜スタジアム(撮影・矢島康弘)
  • 1回、ソトの打球を処理した植田を指さす阪神・藤浪=横浜スタジアム(撮影・松永渉平)
  • 先発の阪神・藤浪=横浜スタジアム(撮影・矢島康弘)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・藤浪、粘った1年ぶり連勝!5連打食らった3ラン浴びた…5回5失点