2018.6.27 05:02(2/4ページ)

こりゃ本物!いきなり快音!阪神新助っ人・ナバーロ、衝撃デビュー打

こりゃ本物!いきなり快音!阪神新助っ人・ナバーロ、衝撃デビュー打

一回に中堅で飛球をキャッチ

一回に中堅で飛球をキャッチ【拡大】

 力強いライナーが中堅フェンスを直撃した。二塁に到達したナバーロはベース上で涼しい顔だ。多忙の合間を縫って鳴尾浜に駆けつけた坂井オーナーの前で、虎待望の新助っ人が“デビュー戦”でいきなり魅せた。

 「感触はよかったよ。真ん中(ストライクゾーン)に来た球を打とうと心がけていた。いい所に飛んでくれたね」

 無死二塁で迎えた五回の3打席目。カウント1-2から育成右腕・野沢の5球目、真ん中高めの直球を見逃さなかった。来日初安打がタイムリーとなるおまけ付きだ。

 「いいヒットだった。自分の形を持ってるね。強引なものもないし、選球眼もよさそう」と矢野2軍監督。その「形」は顕著に見て取れた。六回はストレートの四球。八回は2球で追い込まれながら低めの変化球にぴくりともせず、四球を選んだ。遊ゴロ、二ゴロに倒れた1、2打席目を含めて全5打席中4打席、左投手が相手だったが、空振りはなんとゼロだ。

 追い込まれても動じない選球眼の良さとミート力。今季3Aで打率・310を残し、左腕にも強いという触れ込みを実戦の中で証明。中堅、そして七回から守った一塁の守りもそつなくこなし、矢野2軍監督は「守備も合格点。一定レベルにある」とうなずいた。

【続きを読む】

  • 五回に中堅フェンス直撃の適時二塁打を放ったナバーロ。看板に偽りなし、だ(撮影・村本聡)
  • 八回は一塁で軽快にゴロを処理した
  • 5回、阪神・ナバーロは適時二塁打を放つ=鳴尾浜球場(撮影・岡田茂)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. こりゃ本物!いきなり快音!阪神新助っ人・ナバーロ、衝撃デビュー打