2018.6.26 08:00(1/2ページ)

【なるべく週刊エモト】野球も闘争心をもっと前面に出せ

【なるべく週刊エモト】

野球も闘争心をもっと前面に出せ

特集:
なるべく週刊エモト

 サンケイスポーツ専属評論家の江本孟紀氏(70)が、サッカーW杯のプレースタイルに感嘆しきり。「闘争心と執念、人間の本性、スポーツの原点を見た」。これ、本音ですか? 皮肉ですか? (構成・内井義隆)

 --列島はサッカー一色の感があります

 「俺も日本代表の試合以外も見ている。ようやるなあ、おもろいなあ、と思っているよ」

 --そうでしたか

 「相手の袖を引っ張ったり、体当たり、肘打ち、蹴りを入れたり…。ぶつかっていないのに、わざと倒れて、ファウルをもらおうとする選手もいる。テクニックなんだろうね、よくいえば」

 --ん!?

 「いまや、即座に超スロー再生でビデオが流される時代。いかに相手を倒すか、審判の目をごまかそうとしているか、丸見えじゃないか」

 --克明に映し出されます

 「野球では、ランナーがキャッチャーに体当たりしたらアウト。ボールがバッターの頭に当たったら、ピッチャーは一発退場。なんともきれいなスポーツだよね」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 【なるべく週刊エモト】野球も闘争心をもっと前面に出せ