2018.6.22 08:00(1/2ページ)

【小早川毅彦のベースボールカルテ】セ、広島脅かす一番手はヤクルト

【小早川毅彦のベースボールカルテ】

セ、広島脅かす一番手はヤクルト

特集:
小早川毅彦のベースボールカルテ

 交流戦が終了し、リーグ戦が再開する。セ・リーグは広島が2位・DeNAに4ゲーム差をつけて首位に立っているものの、リーグ3連覇に“黄信号”といっていい。

 交流戦は最低でも勝率5割と思っていたが、投手陣を立て直せないままだった。大瀬良、ジョンソンで落とすと、大きな連敗もある。貯金を現在の「6」から大きく増やすのは難しいだろう。昨年までの2シーズンは他の5球団を突き放していたが、今年は集団に飲み込まれて混戦になるのではないだろうか。

 ただ、広島以外の5球団は得点力に乏しい。図式は「不安定な広島の投手陣vsなかなか点が取れない5球団の打線」。広島を脅かす候補の一番手は、交流戦で最高勝率をマークしたヤクルトだ。選手たちに昨年はなかった粘りが感じられ、何より交流戦で勢いがついた。日本ハム以外のパ・リーグ5球団に勝ち越したことは、自信になっていると思う。

 DeNA、巨人、阪神は決め手を欠く。巨人は菅野、岡本と投打の柱が元気だから、まだいい。DeNAは、故障者が戻ってくるまで辛抱だ。

 残念なのは阪神。若手が萎縮しているようで、魅力に乏しい。昨年は大山、中谷、原口、高山ら磨けば光る選手がいて、負けてもワクワク感があった。一言で表すと“ガス欠”の状態。エネルギーをため込むためには、とにかく勝つしかない。最下位の中日も広島と6ゲーム差なら、まだチャンスはある。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 【小早川毅彦のベースボールカルテ】セ、広島脅かす一番手はヤクルト