2018.6.16 08:00

【八木裕 神眼スコープ】阪神・藤浪は走者なしとクイック切り替えうまかった

【八木裕 神眼スコープ】

阪神・藤浪は走者なしとクイック切り替えうまかった

特集:
八木裕 神眼スコープ
藤浪晋太郎
先発の阪神・藤浪=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)

先発の阪神・藤浪=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)【拡大】

 (セ・パ交流戦、楽天0-4阪神、1回戦、阪神1勝、15日、楽天生命)1年以上勝てなかった藤浪にとっては、どんな形でも1つ勝つことが何よりも大事だった。それが七回途中で交代したとはいえ、無失点。気分的に楽になったはずだ。

 前回登板(3日、西武戦)から、これまで見られなかった「落ち着き」を取り戻しており、続けられればいいな、と思っていたが、期待通りの投球だった。走者がいない時はバランスを意識して、走者を背負ってクイックになったときは力を込めて抑えに行く。この切り替えがうまくできていた。

 もともと微妙な制球で抑えるタイプではないが、序盤の2四球は球が暴れてではなく、際どいコースが外れての四球だったことも、復調を感じさせた。初めて、球が暴れて許した四球が七回のアマダー。この危険信号にベンチがすぐに反応した。直後に茂木に中前打を浴びると、迷うことなく交代。藤浪復活へ向けて、この判断も素晴らしかった。

 今後は、もう少し長いイニングを投げ、球数が増えてきた時、この日の六回までと同じ投球ができれば、真の復活といえる。真価を問われる次回登板だ。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

  • 阪神・藤浪、13試合ぶり勝ち星
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【八木裕 神眼スコープ】阪神・藤浪は走者なしとクイック切り替えうまかった