2018.6.16 05:00(1/2ページ)

【虎のソナタ】楽天本拠に若手トラ番感動

【虎のソナタ】

楽天本拠に若手トラ番感動

特集:
虎のソナタ
霧雨の中、マウンドで腕を振る藤浪。忘れられない仙台の夜となった

霧雨の中、マウンドで腕を振る藤浪。忘れられない仙台の夜となった【拡大】

 (セ・パ交流戦、楽天0-4阪神、1回戦、阪神1勝、15日、楽天生命)どうして2位の次の日に5位になるんだ? 小雨がパラつく中、楽天生命パークへ向かいながら、トラ番サブキャップ長友孝輔とベテラン編集委員上田雅昭がこんな会話をしていました。

 「きのうの今の時間は2位だったんですよ」

 「なあ。それが、なんできょうは、やれ5位だの、最下位だのと心配せないかんのや」

 セ・リーグは首位の広島を除く5球団がすべて勝率5割以下で、2位から下は大混戦。前日14日の試合前に借金2で2位だった阪神は、ひとつ負けて借金3になっただけで5位に転落。この日も負けていたら、最下位に転落する可能性があったのです。

 「だから、交流戦で残り試合いくつ勝てば5割復帰だとか、まったく頭に浮かんでこん。一喜一憂せず、ひとつひとつや」

 そんな中で、この日は上本が左膝の手術、石崎が右肘の手術を受けたことが発表され、上本は今季絶望、石崎も長期離脱が決定的となりました。

 「上本の場合は、診断結果(左膝前十字靱帯損傷)が出たときに、復帰に時間がかかるのはわかっていた。急にピンチがきたわけじゃない。いまいるメンバーで、やっていかなしゃあない」

 上田が普段以上に達観した口調で話しているころ、元気いっぱいにスタンドの最上段に上っていって感激している男がおりました。

 「この球場、いいですねえ」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【虎のソナタ】楽天本拠に若手トラ番感動