2018.6.16 19:13

試合中に倒れ救急搬送の敷田球審、意識あり命に別条なし 左膝へのファウルチップ影響

試合中に倒れ救急搬送の敷田球審、意識あり命に別条なし 左膝へのファウルチップ影響

7回 西武・秋山の打席で、突然倒れ、担架で運び出される敷田直人球審=メットライフドーム(撮影・山田俊介)

7回 西武・秋山の打席で、突然倒れ、担架で運び出される敷田直人球審=メットライフドーム(撮影・山田俊介)【拡大】

 16日に行われた西武-中日2回戦(メットライフドーム)で、敷田直人球審が交代した。七回の西武の攻撃で、一死一塁から一塁走者の松井が二盗した後にグラウンドに倒れ、担架で運び出されて救急車で病院に運ばれた。日本野球機構(NPB)によると、直前にファウルチップを左膝に受けた影響から倒れたが、意識はあり命に関わる状態ではないという。

 このため柳田昌夫三塁塁審が球審に回り、控えだった嶋田哲也審判員が三塁塁審に入った。

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 試合中に倒れ救急搬送の敷田球審、意識あり命に別条なし 左膝へのファウルチップ影響