2018.6.14 05:03(4/4ページ)

阪神・山脇スコアラー盗撮疑い逮捕 揚塩社長謝罪「被害に遭われた方には心からお詫び」

阪神・山脇スコアラー盗撮疑い逮捕 揚塩社長謝罪「被害に遭われた方には心からお詫び」

山脇容疑者が勾留されている仙台東警察署

山脇容疑者が勾留されている仙台東警察署【拡大】

★逮捕後の流れ

 警察に逮捕された場合、容疑者の身柄は警察署内の「留置場」に留め置かれ、48時間以内に検察官に送られる(送検)。

 その後、検察官は、容疑者をさらに留置場に留め置く勾留を裁判所に請求し、裁判所は送検後24時間以内に勾留を認めるか否かの判断を下す。勾留期間は原則10日間で、さらに10日間の延長ができるため、最大20日間。

 この勾留期間が切れると、検察官が刑事裁判を起こす起訴か、刑事処罰をしない不起訴かの処分を決定。刑事裁判には、罰金を支払うことで刑罰を終えたことになる略式裁判と、法廷で被告人として裁かれる一般裁判があり、軽微な痴漢や小さな交通事故などの場合、略式裁判になることが多い。

山脇 光治(やまわき・こうじ)

 元内野手。1962(昭和37)年10月13日、兵庫県生まれ、55歳。大阪・浪商高(現大体大浪商高)では選抜出場。81年ドラフト外で阪神入団。1軍公式戦通算356試合に出場し、打率・259、3本塁打、110安打、33打点、15盗塁。95年に現役を引退し、スコアラー、2軍コーチを務める。2006年からは1軍コーチ。15年限りで退任し、16年から現職。現役時代のサイズは1メートル72、76キロ。右投げ右打ち。

  • 盗撮で現行犯逮捕された山脇スコアラー。容疑を否認している
  • 大阪市内の電鉄本社で深々と頭を下げ、山脇スコアラーの逮捕について謝罪する揚塩球団社長(撮影・水島啓輔)
  • 山脇容疑者が逮捕された仙台駅前の家電量販店入り口のエスカレーター
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・山脇スコアラー盗撮疑い逮捕 揚塩社長謝罪「被害に遭われた方には心からお詫び」