2018.6.13 10:00

富士大主将・楠、全国弾も…「負けは僕の責任」/東北スポーツ

富士大主将・楠、全国弾も…「負けは僕の責任」/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
4回、二塁打を放ちガッツポーズする富士大・佐藤龍世=神宮球場・東京都新宿区(撮影・加藤圭祐)

4回、二塁打を放ちガッツポーズする富士大・佐藤龍世=神宮球場・東京都新宿区(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 全日本大学選手権第2日(12日、富士大2-4中京大、神宮)富士大3番の楠研次郎外野手(4年)が2点を追う四回一死から、中京大先発・大内の内角高めの直球を右翼席中段へ運ぶソロ本塁打。4年生で初の全国弾も「負けたので意味はない。実力不足で力負け。僕の責任」と、主将としてチームの敗戦に悔しさをにじませた。秋の雪辱へ向け「一からやり直す」。チーム全員のレベルアップを誓った。

三回から2番手で登板し7回2失点の富士大・佐々木健投手(4年) 「調子は悪くなかったが、勝負どころの弱さが出た。自分の責任」

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 先発の富士大・村上英=神宮球場・東京都新宿区(撮影・加藤圭祐)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 富士大主将・楠、全国弾も…「負けは僕の責任」/東北スポーツ