2018.6.13 08:00

【小早川毅彦の打診球診】勝敗分けた二回…巨人・小林の粘り勝ち

【小早川毅彦の打診球診】

勝敗分けた二回…巨人・小林の粘り勝ち

2回、巨人・小林誠司が先制左適時二塁打を放つ=ヤフオクドーム(撮影・矢島康弘)

2回、巨人・小林誠司が先制左適時二塁打を放つ=ヤフオクドーム(撮影・矢島康弘)【拡大】

 (セ・パ交流戦、ソフトバンク2-8巨人、1回戦、巨人1勝、12日、ヤフオクD)巨人の二回の4点がソフトバンクに与えたダメージは、点数以上に大きかった。

 無死満塁から二死となり、チャンスがしぼみかけたところで小林がよく(走者一掃の二塁打を)打った。最後は甘いコースだったとはいえ、追い込まれてもあわてなかった小林の粘り勝ち。球が走らず、制球も不安定な武田が根負けした形だ。

 続く坂本勇にも適時打が出て、4点のビッグイニング。無得点のまま終わっていたら、展開は違っていた。

 4番・岡本と6番・亀井の調子がいいから、出塁率が高い坂本勇に1番を打たせて、チャンスメークができている。坂本勇は長打力もあるから、クリーンアップより1番にいた方が相手は嫌だ。

 岡本の二回の第1打席は公式記録で三ゴロ失になったが、強襲安打にしてほしかった。ついでに言わせてもらえば、次打者の阿部の二ゴロ失も内野安打だろう。

 パ・リーグ上位の西武とソフトバンクを相手に3連勝。ただ、本当に喜べるのは、ゲレーロ、マギーという本来打つべき人が打ってからだ。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 【小早川毅彦の打診球診】勝敗分けた二回…巨人・小林の粘り勝ち