2018.6.12 19:47

ロッテ・ドミンゲス、手応え十分の久々一発!「打った瞬間にフェンスは越えると」

ロッテ・ドミンゲス、手応え十分の久々一発!「打った瞬間にフェンスは越えると」

2回、本塁打を放つロッテ・ドミンゲス=ZOZOマリンスタジアム(撮影・蔵賢斗)

2回、本塁打を放つロッテ・ドミンゲス=ZOZOマリンスタジアム(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 (セ・パ交流戦、ロッテ-DeNA、1回戦、12日、ゾゾマリン)ロッテのドミンゲスが5月27日以来となる本塁打を放った。1-0の二回1死無走者でウィーランドの内角直球を左翼席へ運び「手応え十分で、打った瞬間にフェンスは越えると思った」と誇った。

 5月24日から4試合で4本塁打と絶好調だったが、6月に入って調子は下降気味。6試合連続で先発を外れていたが「起用は監督が決めること。いい準備をして出番を待つだけ」と明るさを失わず、井上が体調不良を訴えて巡ってきた先発出場のチャンスで再びアピールに成功した。

中村(一回に適時打)「藤岡裕が初球打ちで二塁打を打ったので、僕もいい流れに乗って初球の甘い球を打てた」

鈴木(七回に2号ソロ)「ストレートを打ったら風で伸びてくれた。石川さんが頑張っていたので打ててよかった」

井口監督(石川について)「真っすぐが走っていたし、要所ではギアチェンジして抑えてくれた。かわさないで攻める姿勢が出ている」

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ロッテ
  5. ロッテ・ドミンゲス、手応え十分の久々一発!「打った瞬間にフェンスは越えると」