2018.6.11 10:00(3/3ページ)

富士大・佐々木、さぁリベンジ舞台!全日本大学野球選手権11日初戦/東北スポーツ

富士大・佐々木、さぁリベンジ舞台!全日本大学野球選手権11日初戦/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
佐々木は大学日本代表候補の誇りをもって大舞台に臨む(撮影・井上幸治)

佐々木は大学日本代表候補の誇りをもって大舞台に臨む(撮影・井上幸治)【拡大】

 これまで大学での全国大会は、3試合に救援登板。1-9で敗れた昨秋の明治神宮大会2回戦の東洋大(東都)戦は1回4失点。コールド負けの一因を作った。

 「4年生(の大学野球)を終わらせて申し訳なかった。全国の借りは全国で返さないと顔が立たない」。強い気持ちを忘れず春のリーグ戦で結果を残した。

 雪辱の機会となる1回戦では、中京大と対戦する。リーグ戦35回2/3で52三振を奪った青森県出身の豪腕は「ガンガン振ってくる印象。弱気にならず、持ち味を出して抑えたい」と闘志を燃やす。(井上幸治)

佐々木 健(ささき・たける)

 1996(平成8)年5月13日生まれ。22歳。青森・木造町(現つがる市)出身。瑞穂小5年から野球を始める。木造中、木造高を経て富士大に進み、1年秋からベンチ入り。リーグ戦通算4勝。1メートル79、84キロ。左投げ左打ち。家族は祖父母、両親、姉、妹。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 富士大・佐々木、さぁリベンジ舞台!全日本大学野球選手権11日初戦/東北スポーツ