2018.6.10 18:00(1/5ページ)

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】阪神首脳は6・13株主総会以降に決断迫られる 金本育成路線継続か勝利至上主義への大転換かー

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】

阪神首脳は6・13株主総会以降に決断迫られる 金本育成路線継続か勝利至上主義への大転換かー

特集:
「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記
阪神・金本監督

阪神・金本監督【拡大】

 金本育成路線の継続か勝利至上主義への大転換かー。注目の6・13阪急阪神HD株主総会以降に阪神首脳は重要な決断を迫られます。金本知憲監督(50)が率いる阪神は交流戦突入後も2勝6敗(7日現在)。セ・リーグでは2位(25勝27敗)ですが肝心要の若手育成は進んでいません。しかし、勝利を追求する1軍で若手育成も求める現在の球団方針はそれ自体が難解ですね。阪急阪神HD9人の役員が再任され、タイガース首脳の選任も決まれば、球団の進むべき道を再確認しなければならないでしょう。

 金本阪神が交流戦突入以降も苦しんでいます。3カード(ソフトバンク、西武、オリックス)の8試合を終えた段階で2勝6敗。チーム防御率3・34は12球団中4位の成績ですが、チーム打率・238は10位。本塁打2本は12位、つまり最下位です。通常のリーグ戦と同様に投手陣は踏ん張っているものの、打線が湿ったままですね。

 さらに今季の4番を担うと期待されたウィリン・ロサリオ内野手(29)が3日に1軍登録を抹消されました。今季の1軍成績は48試合に出場し、打率・230、本塁打4本、打点22。韓国ハンファで2年連続の打率3割、本塁打30本以上、打点100以上という成績をひっさげて来日した年俸3億4000万円の大砲はその面影もないままに2軍落ちしました。

 2軍落ちの際には金本監督から「3日間、バットを持つな。頭を空っぽにして欲しい」と異例の注文まで出されました。日本バッテリーの配球、特に外角へのスライダーに対応できず、頭の中が混乱していると見た指揮官の指令です。

【続きを読む】

  • 昨年6月13日に開かれた阪急阪神ホールディングスの株主総会に参加した株主ら。今年はどんな展開に…
  • 打撃不振で2軍調整中のロサリオ
  • 3日の西武戦に先発した藤浪は六回、大阪桐蔭高の後輩、森(奥)を四球で歩かせた後、降板
  • 金本監督に求められるのは育成路線継続か勝利至上主義への大転換か…
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】阪神首脳は6・13株主総会以降に決断迫られる 金本育成路線継続か勝利至上主義への大転換かー