2018.6.10 08:00

【黒田正宏 軍師の断】阪神、七回代打送らず岩貞続投でも良かった

【黒田正宏 軍師の断】

阪神、七回代打送らず岩貞続投でも良かった

特集:
黒田正宏 軍師の断
先発の阪神・岩貞=甲子園球場(撮影・岩川晋也)

先発の阪神・岩貞=甲子園球場(撮影・岩川晋也)【拡大】

 (セ・パ交流戦、阪神3x-2ロッテ=延長十二回、1回戦、阪神1勝、9日、甲子園)相手のミスで白星を拾ったが、九回で勝っておかないといけない試合だ。この日の岩貞なら、七回の好機に代打を送らず、続投させて欲しかった。相手は嫌がっていたし、追加点より、岩貞で押す判断があっても良かったのではないか。

 もちろん、五、七回に追加点が奪えなかったことが苦戦の最大の原因。点差を広げていれば、9連戦初戦で救援投手陣をフル稼働させる必要もなかった。

 五回のセーフティースクイズの場面。打者・梅野が外角スライダーをボールと見極めたが、体が前のめりになった。本来、三走・鳥谷は(1)転がってからスタートする(2)捕手からのけん制で戻れるリードオフ、がセオリー。ただ、梅野がギリギリまでボールに食らいつく姿勢を見せた分、わずかにスタートを速く切ってしまった。鳥谷だけを責めるのは酷。むしろ、少々のボール球なら梅野がバントを敢行しても良かった。

 七回無死満塁の場面では、代打、代打の代打など、ベンチは最善の手を尽くした。惜しまれるのは原口が勝負所でボール球を振ったこと。梅野のバントとは逆に、冷静な選球眼が必要だった。

 現状の阪神打線は糸原、福留、糸井と調子を上げてきた鳥谷以外の打者の勝負弱さが目立つ。ベンチがセーフティースクイズを多用するのもやむを得ない。4人以外の打者が自分の役割を果たすことが浮上のカギとなる。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【黒田正宏 軍師の断】阪神、七回代打送らず岩貞続投でも良かった