2018.6.10 05:02

ソフトバンク、今季最少3安打で初零敗4連敗 

ソフトバンク、今季最少3安打で初零敗4連敗 

先発のソフトバンク・バンデンハーク=ナゴヤドーム(撮影・水島啓輔)

先発のソフトバンク・バンデンハーク=ナゴヤドーム(撮影・水島啓輔)【拡大】

 (セ・パ交流戦、中日3-0ソフトバンク、2回戦、中日2勝、9日、ナゴヤD)ガルシアから今季最少の3安打しか打てず、56試合目で初の零敗。4連敗に工藤監督は「完敗。向こうの投手が上だった」と悔しがった。セ・リーグの本拠地でDHがないため、守備に不安があるデスパイネはベンチスタート。さらに4番・柳田は8日の試合で右太もも裏を負傷。この日は本来の中堅から、守りの負担が軽い左翼に回ったが、打撃では4打数無安打だった。

8日に痛めた右脚の状態を問われたソフトバンク・柳田の話「大丈夫です」

試合結果へ

  • 6回、ソフトバンク・中村晃の打球で本塁を狙ったソフトバンク・川島のプレイにリクエストをした工藤監督=ナゴヤドーム(撮影・水島啓輔)
  • 6回、本塁を狙うもタッチアウトになるソフトバンク・川島。捕手は中日・大野奨=ナゴヤドーム(撮影・水島啓輔)
  • 2回、中日・ガルシアの打球をエラーしたソフトバンク・今宮=ナゴヤドーム(撮影・水島啓輔)
  • 5回を終え、ベンチに戻るソフトバンク・バンデンハーク=ナゴヤドーム(撮影・水島啓輔)
  • 7回、投球するソフトバンク・嘉弥真=ナゴヤドーム(撮影・水島啓輔)
  • 7回、投球するソフトバンク・寺原=ナゴヤドーム(撮影・水島啓輔)
  • 8回、投球するソフトバンク・二保=ナゴヤドーム(撮影・水島啓輔)
  • 9回2死、ソフトバンク・柳田が見逃し三振に倒れて試合終了。左はガッツポーズする中日の捕手大野奨=ナゴヤドーム
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. ソフトバンク、今季最少3安打で初零敗4連敗