2018.6.9 05:00

【鷹番が見た松坂苦闘の3年】表に出さなかった復活目指す姿

【鷹番が見た松坂苦闘の3年】

表に出さなかった復活目指す姿

 (セ・パ交流戦、中日5-4ソフトバンク、1回戦、中日1勝、8日、ナゴヤD)松坂は昨季、夏場から“雲隠れ”して全国の病院などをまわった。2015年に右肩の手術を受けた後もそうだった。「5カ所くらいかな。場所を変えて切り替えたかった。変えてリフレッシュして、またスタート」。数カ月で何度も拠点を移した当時、前向きな言葉の裏に本当の理由もあった。

 「1カ所にいると気がめいっちゃう。1カ所に1カ月いると、投げられないことが、すごくストレスになりました」

 その苦悩はソフトバンクのチーム施設では表に出さなかった。黙々と復活を目指した大投手。同僚ですら、投球をほとんどみていない。

 この日、投げ合った千賀は「大輔さんがグラウンドで投げるのを見るのは初めてだから有意義な時間にしたかった。もう少しいい試合にしたかった」と悔やんだ。対戦した打者の感想の歯切れが悪いのは、負けたから? いや、球筋よりも、ただ松坂がマウンドに立つ姿を楽しみにしていたからだ。 (ソフトバンク担当・安藤理)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 【鷹番が見た松坂苦闘の3年】表に出さなかった復活目指す姿