2018.6.9 05:03(1/2ページ)

止めたった~!オリが7連勝ツバメ撃墜、西村プロ1号V2ラン

止めたった~!オリが7連勝ツバメ撃墜、西村プロ1号V2ラン

ルーキーの西村が三回、プロ初アーチとなる2ランを放った(撮影・山田俊介)

ルーキーの西村が三回、プロ初アーチとなる2ランを放った(撮影・山田俊介)【拡大】

 (セ・パ交流戦、ヤクルト0-3オリックス、1回戦、オリックス1勝、8日、神宮)神宮の夜空に高々と舞い上がった白球は、オリックスファンの待つ左翼席へ着弾した。ダイヤモンドを悠々と一周したD5位・西村凌捕手(SUBARU)は本塁を踏んでガッツポーズ。プロ初本塁打は決勝2ランだ。

 「(本塁打は)初めてです。(ヒーローインタビューも)初めてです! ここまで守備の面で迷惑をかけているので、なんとか打つ方で…という気持ちでした!!」

 降り注ぐ「西村コール」のなか、笑顔で声を張り上げた。0-0の三回二死三塁、初球を空振りした後の2球目。ヤクルト先発・ハフのチェンジアップをすくい上げ、プロ17打席目で待望の初アーチだ。

 捕手登録だが、打撃センスと50メートル5秒8という俊足を評価され、外野手で起用されている。今季は6試合に出場して打率・294、3打点、1盗塁。一発を放った孝行息子に、福良監督は「西村もよう打ってくれた。足もあって、1番で起用している」と目を細めた。

【続きを読む】

  • 試合に勝ち、西村(右)は先発した西(左)と握手。投打がかみ合った
  • 3回、先制の2ランを放ったオリックス・西村=神宮球場(撮影・田村亮介)
  • 3回、プロ初本塁打を放ち生還したオリックス・西村(25)はベンチで「サイレントトリートメント」で祝福される=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 3回、先制の2ランを放つオリックス・西村=神宮球場(撮影・田村亮介)
  • 投球するオリックス・増井=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 試合に勝利し西(21)とタッチを交わすオリックス・福良監督=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 9回、左適時打を放つオリックス・大城=神宮球場(撮影・山田俊介)
  • 先発のオリックス・西=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. 止めたった~!オリが7連勝ツバメ撃墜、西村プロ1号V2ラン