2018.6.7 05:05(1/2ページ)

人生初快カーン!逆転サヨナラ野間が決めた コイ30勝セ一番乗り

人生初快カーン!逆転サヨナラ野間が決めた コイ30勝セ一番乗り

人生初のサヨナラ打! ヒーローの野間は、広瀬コーチ(手前)と抱き合う(撮影・加藤孝規)

人生初のサヨナラ打! ヒーローの野間は、広瀬コーチ(手前)と抱き合う(撮影・加藤孝規)【拡大】

 (セ・パ交流戦、広島4x-3日本ハム、1回戦、広島1勝、6日、マツダ)広島らしい鮮やかな逆転劇で3年連続セ・リーグ30勝一番乗り。立役者は野間だ。プロ4年目、人生初というサヨナラ打を放った25歳の“愛されキャラ”は、ナインから水ではなく蹴りで祝福!? され、ニガ笑いだ。

 「最高です!! 打った球は覚えていない。水を誰も用意してなかったみたいで。蹴りがきたので祝福の仕方が違う!! でもありがたいです」

 2-3の九回一死一、三塁。守護神トンキンの初球にセーフティースクイズを試みたが、失敗。「切り替えて打つしかない」。鈴木の二盗で二、三塁から、スライダーに食らいつき、中前へ逆転の2点打を放った。

 中部学院大からドラフト1位で入団し、ついにブレークだ。4月に右太もも裏を痛めて離脱した丸の代役として中堅で出場機会を手にすると、ここまで打率・357、2本塁打、17打点と覚醒。丸が昇格した5月25日、「“お前”(丸)に渡す枠はねえ~」と宣言したが、しっかり左翼でレギュラーに定着。緒方監督は「きょうは褒めておこう」とうなずいた。

【続きを読む】

  • 九回一死二、三塁で中前にはじき返した
  • サヨナラの中前打を放った野間(右)は、広瀬外野守備走塁コーチに大喜びで抱きついた(撮影・加藤孝規)
  • 5回1死一、三塁、代打広島・新井が中犠飛を放つ=マツダ
  • 5回、中犠飛を放つ代打の広島・新井=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 5回、1塁内野適時打を放つ広島・西川=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 1回、日本ハム・レアードの打球を捕り損ねる広島・鈴木=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 1回から乱調の広島・岡田=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 先発した広島・岡田=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 先発の広島・岡田=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 1回、日本ハム・中田の打球を後逸した広島・鈴木=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • サヨナラ打の野間(左)と鈴木(右)に水をかけられるプロ初勝利の広島・藤井皓(中)=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 人生初快カーン!逆転サヨナラ野間が決めた コイ30勝セ一番乗り