2018.6.5 08:00

【なるべく週刊エモト】交流戦、土、日曜日限定開催のススメ

【なるべく週刊エモト】

交流戦、土、日曜日限定開催のススメ

特集:
なるべく週刊エモト

 サンケイスポーツ専属評論家の江本孟紀氏(70)が、引き続きセ・パ交流戦にモノ申す。先週は各カードのホーム、ビジター隔年実施に嘆き節でした。今週は、土曜・日曜開催およびペナルティーのススメです。 (構成=内井義隆)

 --週末は京セラドームでオリックス-巨人の評論、お疲れさまでした

 「今年は巨人の交流戦の遠征に、札幌(日本ハムの本拠地)と仙台(楽天の本拠地)がないから、せめて大阪出張で…とね。仕事はもちろん、焼き肉、串揚げと、なじみの店でパワーをつけてきたよ」

 --満喫、でしたか

 「ただ、交流戦はやはりもう必要ない、との思いも強くしたね」

 --どういうことで

 「1日の試合だ。1階の一塁側内野席と、2階の三塁側内野席から外野席にかけて、ぽっかりと空席があった。連休前の金曜日の夜だよ。満員にならんかね」

 --ええと…。その日の観衆は2万9730人。2日、3日とも約3万5000人ですから、1日は寂しかったですね

 「客を呼ぶために、パ・リーグがセ・リーグにすがって始まったのが交流戦。パの主催ゲームで満員にできないなんて、セに失礼だ。これではますます、もう交流戦をやる意味はない。セではどの球場も、巨人戦は大盛況なんだから」

 --確かに

 「そこへもってきて、毎年のように『パは強い。セは弱い』といわれる。DH制採用によって、パはイキのいいバッターが多く育ち、援護点をもらえる分、ピッチャーも思い切って投げられる。その違いが理解されないようでは、セも、やっていられんだろう」

 --なるほど

 「それでもなお、どうしても交流戦を続けるというならば、だ」

 --はい

 「土曜日、日曜日に限定して行う。土日は、どのカードでも“行楽客”がドッと集まる」

 --行楽…

 「その上で、パの主催ゲームで観衆が2万人に届かなかったら、ペナルティーを科す。収益の不足分を罰金にする」

 --厳しい…

 「いや、いっそのこと、翌年から交流戦を廃止してしまう。これだと“連帯責任”になるから、どの球団も、チーム強化と営業活動に必死になるだろうよ」

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 【なるべく週刊エモト】交流戦、土、日曜日限定開催のススメ