2018.6.1 11:30(1/2ページ)

【乾坤一筆】日本ハム・清宮にプロ意識植え付けた1軍生活

【乾坤一筆】

日本ハム・清宮にプロ意識植え付けた1軍生活

特集:
2018新人情報
清宮幸太郎
5月29日のイースタン西武戦、右越えの3ランを放つ日本ハム・清宮幸太郎

5月29日のイースタン西武戦、右越えの3ランを放つ日本ハム・清宮幸太郎【拡大】

 日本ハムのドラフト1位ルーキー、清宮幸太郎内野手(19)=早実高=が5月28日に出場選手登録を抹消された。同2日に1軍に昇格後、21試合に出場して打率・179(67打数12安打)、1本塁打、2打点、28三振の成績では致し方ないだろう。

 だが、この1カ月弱の1軍生活は無駄ではなかったようだ。プロ意識が確実に植え付けられたのではないか。2軍降格後の初戦となった同29日のイースタン・リーグ、西武戦(西武第二)を取材した際に強く感じた。

 この日は2本塁打を含む4安打5打点の活躍。不慣れな左翼の守備も無難にこなした。これまでの清宮なら満足げに報道陣に対応するところだが、落ち着いた口調でこう答えた。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 【乾坤一筆】日本ハム・清宮にプロ意識植え付けた1軍生活