2018.5.14 08:47(2/2ページ)

【試合結果】大谷翔平は6回1/3を11K1失点 メジャー移籍後最多の103球でエンゼルスはサヨナラ勝ち

【試合結果】

大谷翔平は6回1/3を11K1失点 メジャー移籍後最多の103球でエンゼルスはサヨナラ勝ち

特集:
大谷翔平
ツインズ戦に先発したエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

ツインズ戦に先発したエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)【拡大】

 四回は中軸が相手だったが、大谷が支配する。3番・エスコバルを右飛。続くロサリオには99マイル(159キロ)の剛球で空振り三振、ガーバーはスプリットで空振り三振に仕留めた。五回は先頭のモリソンに右前打を浴びた。続くグロスマンを左飛。ペティトは二塁後方への飛球をキンズラーがバウンドしたボールを素早く処理し、二塁封殺。最後はウィルソンをスライダーで空振り三振に仕留めた。

 六回は先頭のドジャーに四球で歩かせ、ケプラーの打席で暴投し無死二塁のピンチ。それでもケプラーを右飛。エスコバルは二ゴロで二死三塁。ここで4番・ロサリオを迎えたが、大谷はスプリットで空振り三振を奪い、雄たけびを上げた。

 七回は先頭のガーバーを一邪飛。続くモリソンを四球で歩かせたところで、ソーシア監督がマウンドに歩み降板を告げられた。この後、2番手・ベドロジャンがマウアーに同点打を浴び、大谷の勝利投手の権利は消えた。

試合結果へ大谷の打撃成績へ大谷の投手成績へ

  • ツインズ戦に先発したエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
  • ツインズ戦に先発し、7回途中まで11奪三振と好投したエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
  • ツインズ戦の7回途中に降板し、ベンチで迎えられるエンゼルス・大谷(右端)=アナハイム(共同)
  • ツインズ戦に先発し、7回途中まで11奪三振と好投したエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
  • ツインズ戦の7回、ガーバーを一邪飛に仕留めたエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
  • ツインズ戦の7回途中に降板するエンゼルス・大谷(手前)=アナハイム(共同)
  • ツインズ戦の6回、ピンチでロサリオを空振り三振に仕留め、グラブをたたくエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
  • ツインズ戦の7回途中、降板するエンゼルス・大谷(17)に拍手を送るスタンドのファン=アナハイム(共同)
  • ツインズ戦に先発し、7回途中まで11奪三振と好投したエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
  • ツインズ戦7回、1死1塁の場面で降板するエンゼルス・大谷=エンゼル・スタジアム(撮影・リョウ薮下)
  • ツインズ戦の6回、ピンチでロサリオを空振り三振に仕留め、雄たけびを上げるエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
  • ツインズ戦7回、降板後に後続が打たれて同点となりベンチを去るエンゼルス・大谷=エンゼル・スタジアム(撮影・リョウ薮下)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 【試合結果】大谷翔平は6回1/3を11K1失点 メジャー移籍後最多の103球でエンゼルスはサヨナラ勝ち