2018.5.13 05:03(3/3ページ)

ヤクルト・松岡、球団初の150HP!延長十一回死闘制した

ヤクルト・松岡、球団初の150HP!延長十一回死闘制した

松岡健一

松岡健一【拡大】

 過去のお立ち台では、感謝を伝えたい人は誰かとの質問に「別に…」と答えて後悔した。今回。伝えたい人は誰かと問われると「それは、奥さんでしょ」と笑った。愛車に乗り込む背中には、責任感と充実感が同居していた。 (長崎右)

松岡 健一(まつおか・けんいち)

 1982(昭和57)年6月7日生まれ、35歳。熊本県出身。東海大二高(現東海大熊本星翔高)から九州東海大(現在は東海大に統合)を経て、2005年ドラフト自由枠でヤクルト入団。08年に中継ぎとして1軍定着。今季は4試合に登板し1勝0敗、防御率5.68。通算成績は481試合に登板、32勝25敗4S、防御率3.77(12日現在)。1メートル81、85キロ。右投げ右打ち。既婚。年俸3600万円。背番号21。

ホールドポイント

 「ホールド+救援勝利」の合計数。2005年からセ、パ両リーグで採用されている。両リーグの規定を統一し、同年からシーズン最多ホールドポイントを記録した投手を最優秀中継ぎ投手として表彰。なお、ホールドは中継ぎ投手が同点もしくはセーブが付く条件を満たす状況で登板し、一死以上を奪い、リードを保つか同点のまま降板した場合に記録される。1996年にパ・リーグが導入し、05年から両リーグで採用。

試合結果へ

  • 2回無失点の松岡(右)は小川監督(左)とハイタッチ(撮影・長尾みなみ)
  • 10回から登板し、2回無失点で2年ぶりの勝利を挙げたヤクルト・松岡=横浜
  • 勝利に喜ぶヤクルト・松岡=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • DeNAに勝利し、グラブをたたいて喜ぶヤクルト・松岡。左は二走桑原=横浜
  • 投球するヤクルト・松岡=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • 試合後、ヒーローインタビューに臨むヤクルト・松岡=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • 6回DeNA・梶谷の二ゴロで好守を見せるヤクルト・山田哲=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • 登板するヤクルト・秋吉=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • 投球するヤクルト・中尾=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • 投球するヤクルト・近藤=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • 5回、中安打を放つヤクルト・青木=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • 投球するヤクルト・風張=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルト・松岡、球団初の150HP!延長十一回死闘制した