2018.5.11 20:29

オリ・武田が昇格即適時打 空振り三振の1打席目から「目線」を修正

オリ・武田が昇格即適時打 空振り三振の1打席目から「目線」を修正

4回、オリックス・武田が適時打を放つ=京セラドーム大阪(撮影・村本聡)

4回、オリックス・武田が適時打を放つ=京セラドーム大阪(撮影・村本聡)【拡大】

 (パ・リーグ、オリックス-楽天、7回戦、11日、京セラ)この日1軍に昇格したオリックスの武田が1-1の四回一死一、三塁で適時打を放った。1打席目は空振り三振に倒れたが「前の打席で低めのボール球を振ってしまっていたので、目線を上げた」と修正。チェンジアップを左前に運び、ガッツポーズをつくった。

 辛島に対しては昨季9打数4安打ながら「ラッキーなヒットばかりでしたから。いいヒットが打てるように頑張る」と話していた。今季初安打が適時打となり、先発起用された期待に応えた。

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. オリ・武田が昇格即適時打 空振り三振の1打席目から「目線」を修正