2018.5.10 10:00(2/2ページ)

東北福祉大、ムック椋木でV!仙六12日から東北学院大戦/東北スポーツ

東北福祉大、ムック椋木でV!仙六12日から東北学院大戦/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
東北福祉大・椋木蓮の今季登板成績

東北福祉大・椋木蓮の今季登板成績【拡大】

 1年生らしからぬ、堂々の投球だった。勝ち点奪取のかかった6日の仙台大戦。リーグ戦初先発となった椋木が5回1/3を2安打無失点。チームの2季ぶり優勝へ王手をかける2勝目を挙げた。

 「すごく大きな勝利。(1点リードでの投球は)1年生のせいで負けるのは嫌だったし、いいプレッシャーになった」

 チーム初戦となった4月14日の東北工大1回戦で無失点デビュー。抑えで6試合に登板し7回2/3を無失点。故障していたエース津森宥紀投手(3年)の復帰を受け、待望の先発となった一戦で結果を残した。

 持ち味は、スリークオーターから常時140キロ台中盤を記録する直球と抜群の制球力だ。ここまで13イニングで死球が1つ。大塚監督は「ムック(椋木の愛称)の四球はみたことがない。力は津森が入ってきたときより上」と絶賛する。

 器用さも大きな魅力。初先発の試合では、登板5日前から練習したフォークの握りで投げるチェンジアップ「ムーク」が威力を発揮した。自身の愛称から名付けられた新球に「しっかりカウントを取れた」。登板するたびに成長する右腕の存在は、優勝へ向かうチームの大事なピースだ。

 今節の東北学院大戦へ準備は万端だ。「神宮(大学選手権)で投げたいので、次も勝ちたい」。怖いものなしの1年生が、残り試合も全力投球する。 (井上幸治)

椋木 蓮(むくのき・れん)

 2000(平成12)年1月22日生まれ、18歳。山口・山陽小野田市出身。本山小1から本山ベアーズで野球を始める。高川学園中(山口)では硬式野球部に所属。高川学園高では2年春からベンチ入りし同秋からエース。東北福祉大では1年春からベンチ入り。1メートル79、71キロ。右投げ右打ち。家族は両親、兄、妹。

  • 椋木はリーグ戦7試合に登板し無失点と好投(撮影・井上幸治)
  • 仙台六大学野球・春季リーグ勝敗表
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 東北福祉大、ムック椋木でV!仙六12日から東北学院大戦/東北スポーツ