2018.5.9 08:00(1/2ページ)

【佐藤春佳のスポーツブレーク】敗戦処理…その1球は重くて、熱い

【佐藤春佳のスポーツブレーク】

敗戦処理…その1球は重くて、熱い

特集:
佐藤春佳のスポーツブレーク
巨人・宮国

巨人・宮国【拡大】

 乾いた拍手で迎えられるマウンドがある。目の前に火のついた相手打線。後ろの野手は疲弊している。大差のビハインドでのリリーフ=敗戦処理。英語では後始末をする、という意味で『mop up man(清掃員)』と呼ぶ。

 「僕にとってはすごく大事な場面。どんな役割でも1軍で投げられる喜びを感じてやっています」と話すのは巨人・宮国椋丞投手だ。

 今季は勝ちパターンにつなぐ役割も担い、防御率0・66。信頼を重ねる道程も、原点は敗戦処理だ。2013年に開幕投手を任された右腕が、中継ぎに活路を見いだしたのは15年。「こういう場面こそ絶対に抑えないといけない」という豊田清投手コーチの言葉を胸に、防御率のノルマを自身に課すなど、どんな場面も緊張感を保つ工夫をしてきた。

 その豊田コーチは西武での現役時代、忘れ得ぬ思い出がある。1軍登板なしで迎えたプロ3年目の1995年5月。テレビで見ていた1軍のオリックス戦(富山)の0-9の場面で、東尾監督がファンサービスの意味で野手のデストラーデをマウンドに送った。

 「野手でも投げられる1軍のマウンドが自分にはすごく遠い。敗戦処理でもいいから自分に投げさせてくれ、と。悔しいし、うらやましかった」

【続きを読む】

  • DeNA・三嶋
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 【佐藤春佳のスポーツブレーク】敗戦処理…その1球は重くて、熱い