2018.5.6 08:00

【八木裕 神眼スコープ】阪神・ロサリオにはヒット、タイムリーが一番の薬

【八木裕 神眼スコープ】

阪神・ロサリオにはヒット、タイムリーが一番の薬

特集:
八木裕 神眼スコープ
8回、適時二塁打を放つ阪神・ロサリオ=甲子園球場(撮影・村本聡)

8回、適時二塁打を放つ阪神・ロサリオ=甲子園球場(撮影・村本聡)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神7-2中日、7回戦、阪神4勝3敗、5日、甲子園)3安打4打点。ただ、これでロサリオ復活かといわれると、まだわからないというのが正直なところだ。

 中日の先発左腕、ガルシアは直球、ツーシーム、チェンジアップとも極端な球速差はない。ここまで日本投手の緩急に苦しんでいたロサリオにとっては、おあつらえ向きの相手だった。

 それでも一、三回の適時打は決していい当たりではなかったが、今の精神状態を考えると、内容よりも、何より結果を求めていたはず。藤嶋のフォークをうまく拾った八回の左翼線二塁打も含めて、いい感触が残ったのではないだろうか。打者にとって、ヒット、タイムリーは一番の薬。きっかけにして欲しい。

 上本の離脱は痛いが、出塁率が高い植田を1番にするのが理想だろう。1、2番が足で相手バッテリーを揺さぶり、中軸が機能すれば当然、得点力は増す。ここにきて機動力が使え始めているからこそ、4番のロサリオのバットがポイントだ。求められるのは本来の長打力。次は、狙った球を一発で仕留める姿をみたい。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【八木裕 神眼スコープ】阪神・ロサリオにはヒット、タイムリーが一番の薬